ホーム > 学校案内 > ご挨拶

学校長挨拶

 近年、医療環境は大きく変化しています。それに伴い、看護師を取り巻く環境も大きく変動し、看護学はより医学理論に基づいた学問に近づいてきています。それは以前に比べ、学習範囲が広くなったということになり、より一層質の高い学習が要求されます。
その結果、これからの看護師は自ら考え、判断することが重要となります。そして、それを実践していくことが要求されます。さらに、看護師には学問だけではなく人間としての情操教育もおろそかにすることはできません。
 佼成看護専門学校は、豊かな人間性をもった看護師を養成するために、昭和43年に立正佼成会の庭野日敬開祖により、設立されました(※当校は宗教法人が経営母体であり、その附属の看護専門学校となりますが、社会貢献・人材育成の観点から設立された学校です。宗教に特化した教育などは行っておりません)。そして、以来約50年、これまでに多くの看護師が日本はもとより世界でも活躍しております。
 当校の基本理念は、開校当時から一貫して、「1)自らに厳しく、他には優しく2)科学する心を培い3)豊かに清らかに、慈悲の心を養う」です。そして、これらを心・教育の軸とし、臨床の場では、常に笑顔と優しさをもった看護師を育てるという目標の下に日々学生教育を行っております。
 このほか、当校は一学年35名であり、少数精鋭で細かなところにも目の届く教育を実施しております。看護師として最も大切なことは、患者さんとどんな時でも真正面から向き合い優しさを持って対応していくことであると信じております。佼成看護専門学校を卒業した看護師は笑顔と優しさが素晴らしいとよく言われますが、これが最大の喜びです。しかし、これから、高齢化がますます進む社会の中で、どのように看護師として対応していくのか、また、年々発展していく高度医療に十分対処していけるようしっかり指導していかなければならないと思っております。幸いにも当校では国家試験の合格率も毎年ほぼ100%で推移していることからも細かなところにまで入り込んだ教育の成果が出ております。
学習意欲・向上心を抱き、明日の日本の看護師を目指している、活力のある学生さんの入学をお待ちしております。

佼成看護専門学校 学校長 神保好夫

学校案内
About us

学校見学会・説明会

願書請求

よくあるご質問

このページのトップへ